もしもの時のお金はいくら貯めておくと大丈夫?

もしもの時、お金はいくら必要?

 

急な病気で仕事ができなくなる、会社が倒産する、リストラされたなど予想もしなかったことが起きて収入がなくなってしまったとき、いくらのお金が必要になるでしょうか?大切な家族のためその準備はしておきたいものです。

いったいいくらお金を貯めておけば大丈夫でしょうか?

突然の病気で仕事ができない・・

 

年がとるごとに病気になるリスクも上昇してきます。働きざかりになれば自分のことだけなく家族のこともあるので真剣に考える必要があります。

病気やケガによる収入源の場合、会社員であれば健康保険から傷病手当金の支給があります。(国民健康保険にはない)支給される金額はおよそ給与の3分の2ぐらいです。この傷病手当金が支給されるまで手続き上2~3ヶ月ほどかかります。

また失業した場合、失業保険が支払われます。給付額は退職直前6ヶ月間の平均給与の50%~80%ぐらいです。一般的には退職した会社から10日から2週間ぐらいで離職証明書をもらいます。それからハローワークへ行き7日間の待機期間を経て失業認定となりますのでだいたい申請してから会社都合の退職なら入金は約2ヶ月後ぐらいです。

仮に自己都合での退職なら3ヶ月間の給付制限期間があるので早くても失業給付金がもらえるのは5ヶ月後ぐらいです。

 

もしもの時のお金は給与の6ヶ月分を用意!

もしもの時のお金の準備は現在の給与の6ヶ月分はほしいものです。

毎月の給与が手取り30万円であれば6ヶ月分で180万円。

またこの期間中も国民年金と国民健康保険も払う必要がありますので、200万円の余裕資金がると安心です。

 

お金の運用は余裕資金で。

お金の運用は余裕資金が基本です。なぜなら、もしものことがあった場合、余裕資金がなければ運用を途中でやめてなくてはならなくなるからです。長い目で見て運用しているのに、途中でやめてしまうのはもったいない。タイミングによっては損がでて終了!何のためにやったのか分からなくなります。

 

余裕を持っていきましょう!

全国各地で開催 女性限定

※夫婦、カップルで参加OK(合わせての参加なら男性もOK)

アットセミナー お金の基礎講座 無料マネーセミナお金をふやすためる無料マネーセミナー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です